電車通学に使えるおすすめ防犯グッズ

電車通学 防犯

小さい頃はいつも親御さんのそばに居た子供も、小学校などに通い始める頃になると、少し遠い学校に通う子供も出てきます。幼かった保育園時代などのように保護者のお迎えが必要なくなってくると、今度はお子様自身で、毎日の通学路の行き来をするようになります。特に私立の学校などに通う場合には、校区もだいぶ遠くなってしまうことも多く、そうなると初めての電車通学となってしまうこともあります。その頃になると保護者にとっては、通学の間の防犯の心配が新たに出てくることになります。最近の世の中は残念ながら、不審者のニュースもよく耳にします。いくらしっかりとお子様に言い聞かせても、絶対に安心できるとは断定はできません。ご心配される保護者の不安を少しでも減らすためにも、電車通学での安全防犯グッズの利用をこの際始める方も多いのですので、お子様と一緒に検討してみるのも良いことです。

電車通学での安全に役立つ防犯ブザー

電車通学されているお子様自身に防犯グッズを持たせることができれば、親御さんにとっては心強いでしょう。学校や地域でも防犯グッズの導入が推奨されています。防犯グッズは多くのメーカーから販売されていますが、危険な状態だとお子様が感じた時には、それらを使って身を守ることができるので安心です。よくあるグッズとしては、オーソドックスな防犯ブザーがあり、これは昔からも使われて広く普及されていますので、ある意味お子様の通学時の必需品でもあります。幼い子供でも扱いやすい、手にも馴染みやすい大きさのサイズが多く、服やカバンにも携帯しやすくて通学時にも邪魔になりません。グッズを選ぶ時には見た目よりも使いやすく音が大きいものが、周囲にも異常を知らせやすいです。また子供は活発ですので、できるだけ壊れにくいもので、防水機能が付いたものだとなお良いです。

電車通学を安全にする防犯グッズはさまざまです

電車通学には防犯ブザーだけでなく、gps機能がついたグッズを持たせておくとさらに安心度が増すことになります。通学路以外の広い範囲で、グッズを持つお子様がいる場所の位置を、gps機能が認識して教えてくれるので、こちらも居場所がすぐわかるという意味で防犯の役目を果たします。電車通学をする途中で、お友達と街や人がにぎわっている場所に遊びに行ってしまった時でも、お子様のいる場所が地図上でもわかり、必要であれば連絡を取ることができます。こういったgps機能の付いているグッズとしては、代表的なものとしては携帯があり、子供用のgps携帯を販売している携帯会社も多いので、検討してみると良いです。他にもブザーとgps機能が一緒になったグッズもありますので、お子様と相談の上、巻き込まれないための防犯対策として上手に利用することが大切です。

電車を利用する際に必ず使う「ICカード」で見守りができます。新しい見守り用の端末の購入は不要ですのでご安心ください。 当社のサービスは今後はさらに、首都圏へ順次拡大を増やしていっております。 当社の見守りサービスは、JR東日本とセントラル警備保障の共同事業となります。 まもレールのサービスは、通過時刻、利用駅、チャージ残額をお知らせすることができます。 電車通学の防犯にも!!まもレール