日用品が防犯グッズに変身電車通学で特に使える物とは

電車通学 防犯

電車通学には危険が伴います。電車で行われる犯罪にはスリや暴行、痴漢があります。痴漢に関してはされる方の被害と、冤罪被害があります。子供が痴漢に遭うわけは無い、男の子だから大丈夫、子供を痴漢の冤罪にかけるわけがないと考える方は多いかもしれませんが、残念ながら全くいないという話はないのです。いじめの一環の場合や、大人のストレスのはけ口、またそのような性癖と、人として歪んでいてそれを実行してしまう存在はどこにでもいます。しかしナイフを常に持っているとなると、却ってこちらが犯罪者扱いになってしまいます。また過剰防衛とされてしまいます。そうならないために、何か合った時に防犯ブザーを鳴らすことをためらわない事や、乗る車両を常に変えるなどの工夫が必要です。また傘やペンなど少し尖るものや、大きなもので明確な拒否の姿勢を示すことも大切です。

電車通勤でスリに合わないようにする防犯意識

電車は動く密室です。人がいるから安心なのではなく、人が多くいるからこそ死角になってしまい、犯罪者が紛れ込んでしまうことがあります。小学生のお子さんの場合、椅子に座れることがスリに合わないために重要な点ですが、中高生になるとなかなか電車の椅子に座ることが難しくなります。まずリュックは前に抱えることが大切です。電車通学している方の中にはリュックを背負ったままの方もいますが、少し混んでいる電車内では人にぶつかる、人を押しつぶすと迷惑行為になります。また背負ったままスマホなど見ていると、隙間から手をいれられ財布などを取られることもあります。また財布を入れられて冤罪を被せられる事もあります。周囲に迷惑をかけないためにも、防犯のためにもリュックやカバンは前に持って管理することが大切です。

常に防犯意識をもって電車通勤をすることの重要性

電車通学でもっとも恐ろしい被害は暴行、暴力です。新幹線内の暴行殺人などのニュースを見るたびに震撼します。このような犯罪を防ぐことは非常に難しいですが、周囲に気を配ることで防ぐ事ができることがあります。早朝の電車には時折、夜に飲んだお酒が残っている酔っ払いもいます。もちろん深夜にはそれ以上に多くの酔っ払いがいます。子供が出歩かない時間の理由をしっかり説明して警戒心を持たせることが大切です。またマナーの悪い人や、怖いと思った人に近寄らないという防衛本能を働かせることも大切です。問題が起こった時には、最初に自分を守る事、そして周囲の協力を仰ぐ事です。防犯意識は日頃から、どのようなことが起こるのかというシミュレーションを繰り返す事、考える事です。意識することで徐々に危険を察知する能力も身についていきます。