東京の板金業者の金額のバラツキと基準にするべき相場を教えます

板金業者を探そうと思っても、東京とその周辺にはたくさんの業者があるので迷ってしまいます。修理費用が掛かることですので、後で後悔しないためにも知っておきたいポイントを紹介します。まずは、修理といっても大抵の場合、板金を行うパーツとその修理箇所の範囲、つまり何センチ四方かで料金設定が変わってくることを覚えておきましょう。ヘコミのみなのか、傷も伴うのかで修理方法も変わってきますので、あくまでざっくりとした相場を見ていきます。例えばドアの修理は40,000円前後です。ヘコミ方がひどい場合はまるごと交換した方が安く済む場合もあります。次にバンパーですが、こちらは業者や損傷具合によって大きく差が出るところです。相場としては40,000円前後、交換となるとその倍かかるでしょう。比較的面積の小さいフロントフェンダーは50,000円程見ておくと良いでしょう。

業者によって修理金額にバラツキが出る理由

板金修理を東京で依頼するなら、気になる業者をネットで調べることが可能ですが、修理金額には驚くほどの差が出てきます。このような背景には、作業工賃などが業者の独自判断、自社設定に左右されていることがあるでしょう。板金の見積もりはネットですることが可能ですが、それはあくまで概算であって、実際にプロに直接見てもらって初めて分かることもあります。こうした金額のバラツキがあるため、修理をとにかく安く抑えたい人は事前に見積もりを複数取っておくことが必須です。CMを流しているような大手チェーン店では、低価格と短納期が期待できますし、少人数で営む街の板金業者では、丁寧な説明を受けながら金額面ではちょっとしたサービスを受けられることもあります。このように、どこに注目するかによっても金額に差が出てくるので、業者を探す際のポイントとして覚えておきましょう。

東京で板金業者を選ぶ際に覚えておくべきポイント

数ある板金業者の中から東京中心で絞り込む際、参考までに覚えておきたいことがあります。それは、板金修理が職人の技術に左右されるということです。素人目に見ては分からないですが、ネット情報よりも口コミを参考にした方が良いでしょう。また、修理待ちが数か月先まで混み合っているからと諦めるのではなく、待ってでも依頼する価値のある業者だというように考えましょう。初心者からすると、ディーラーに頼めば厳しい研修をクリアした提携工場が修理を行うので安心と思いがちですが、裏を返すと、修理は外注に任せるためにマージンや手数料が上乗せされるということを知っておきましょう。単純に安くて早いがベストなのではなく、その裏ではどこかでコストカットされているはずです。自分の愛車を任せる際に、何を優先させるかで業者選びの条件は変わってくるでしょう。