電車通学時で効果的で目立たない防犯方法教えます

電車通学 防犯

お子さんが電車で通学をしているというご家庭も多くあるでしょう。その中には、私立の小学校に通うため小学生になると同時に電車通学が始まるというお子さんもいるのではないでしょうか。また、中学生や高校生であっても電車通学中にトラブルに巻き込まれることもあり、親としては心配になります。そこで大切なことは、防犯対策をしっかりと行うことです。電車に乗り過ごしてしまったときや体調が悪くなってしまったとき、どのように行動すればいいのか、通学路で何かあったときどのような所へ駈け込めばいいのかなど、普段からお子さんと話し合っておくことで防犯の対策ができます。しかし、いくらお子さんと防犯に対して話し合ったからといっても不安になることはあります。そんなときには、企業が提供している防犯システムの利用を検討してみてはどうでしょう。

電車通学の防犯対策に携帯やGPS端末を持たせる

電車通学をしているお子さんの防犯対策として、携帯やスマートフォンを持たせているという方もいるでしょう。各携帯会社から販売されている子供用の携帯は、防犯ブザーが付いていたりGPSで今どの辺りにお子さんがいるのかわかるなど、さまざまな防犯システムが付随されています。また、GPSの端末をお子さんに持たせることで、防犯対策をすることができます。いつ校門を出たのか、利用している駅の改札をいつ通ったのかなど、お子さんの登下校の時間がわかります。場合によっては、学校側が防犯対策として取り入れているところもあるので、もしお子さんが通っている学校でこういった防犯システムが導入されていれば利用を検討してもいいでしょう。また、学校に通い始めた頃など、帰りに駅まで迎えに行かれる親御さんもいるかと思いますが、携帯やGPS端末があれば、いつ頃最寄りの駅に到着するのかわかり、お迎えでお子さんを待たせることもありません。

電車通学ならではの防犯対策を利用してみる

お子さんが電車通学をしているというご家庭であれば、交通系のICカードを定期券として使っているということも多いでしょう。この交通系ICカードで防犯対策ができます。交通系ICカードでの防犯対策とは、お子さんがICカードを使って駅を利用すると、改札を通った時間や利用した駅、チャージ残額が親御さんの携帯にメールかアプリで通知をしてくれるというものです。この防犯対策ツールであれば、親御さんが仕事やお出かけをして自宅にいないというときでも、どの駅を使ったのか無事に自宅の最寄り駅に着いたのかがわかります。また、小学生のお子さんだけではなく中高生のお子さんであっても、交通系ICカードによる防犯システムを利用できるサービスもあるため、帰りが遅くなる中高生のお子さんであっても程よい距離感を持って見守りをすることができます。